時間制課金でRPAを導入するメリットとデメリット

RPA 課金

RPAを時間制課金で導入するメリットを紹介します。RPAとはソフトウェアによるロボット化で入業務等を効率化するツールです。普段PCでのデータ入力作業等をソフトウェアが自動で行ってくれるサービスです。ソフトウェアノロボットなので、ミスが起こることなく、人間よりも早く作業をしてくれます。人間だとミスが出たり、集中力が切れてスピードが落ちたりします。具体的な導入例としては、人事関連の社員の入退社のデータ入力や給与関連業務。経理関連の請求書発行、支払処理。営業関連の申込書処理、不備チェック。サプライチェーン関連の在庫管理、需給計画、インボイス管理等です。RPA導入により、人手不足の問題の解決の助けになります。また、従来人間の作業をロボットに任せることで働き方改革への期待も高まります。

RPAを導入するメリットとその方法

RPAを時間制課金で導入するメリットは人が行っていた業務をロボットにさせる事での人員の削減や労働時間の短縮にあります。RPAの種類にはデスクトップ型とサーバ型があります。デスクトップ型はPC1台にロボット1台を導入する方法で規模を増やそうとするとPC台数を増やす必要がある為、業務範囲が小規模になりがちです。サーバ型はロボットがサーバに有る為、複数のロボットを動かすことが容易で全社レベルでの管理や社外提携、サービス連携なども可能になります。最近はクラウド型RPAが注目されています。PCにソフトをインストールすることなくWeb上で申し込みをすればすぐに使えるのが特徴です。ソフトがクラウド上にあるので、ロボットの作業中にもPCで別の作業も可能となります。導入や使用時の制限が楽なRPAです。

RPA導入で業務の効率を良くしていく

RPAを時間制課金で導入するメリットは人の業務を減らすことです。実際にRPAを導入する際にはもちろん費用が掛かります。一括購入の場合は初期費用が莫大にかかります。時間制課金の場合は使った時間によって費用が発生するので、初期費用をかなり抑えることが可能です。クラウド型RPAのサービスの中にはリモートでのサポート等を実施しているところもあり、ソフトのスキルが無くても安心です。RPAは使用する側でプログラミングする必要がありますが、スキルレスなRPAも存在しますし、サポート体制もしっかりしているので、導入の敷居は依然より下がっています。従来行っていた、単純作業をRPAに任せることで業務の効率化を図り、浮いた時間でロボットには任せられない、イノベーディブなことに集中できるので導入するメリットは大きいです。