お得に時間制課金RPAを導入するための方法とは

RPA 課金

ロボティック・プロセス・オートメーション(RPA)は、事業プロセス自動化技術の一つで、パソコン内のソフトウェア型のロボットがデスクワークの一部を代行・自動化する概念です。デスクワークの自動化により、より効率よく作業することができるだけでなく、人為的なミスをなくすこともできます。そのことから、少子高齢化に伴う労働力不足や働き方改革の要請に応える意味でも大いに注目されています。RPA導入によって得られるメリットとしては、コスト削減も挙げられます。RAPは人間が作業する半分以下の時間でより正確に作業することができ、時間や曜日に関係なく稼動させることができます。そのため、短時間に作業を終えることができ、残業や休日出勤を減らして人件費の削減に繋がります。RPAは月定額や時間制課金など様々な設定に合わせて導入コストも設定することができます。

RPA導入と課金設定の種類について

RPAを導入する主なメリットは、生産性の向上、人為的なミスの防止、コスト削減、人材不足の解消などです。その点から、データ入力や経理業務など条件を設定しやすい業務が導入しやすいと言えます。ロボットは長時間の作業や深夜の作業でも作業効率が落ちることも、ミスが増えることもありません。そのため、業務内容によっては24時間稼動させたり、1日の内で定期的に稼動させることで効率よく作業をすることができます。その場合は年単位、あるいは月単位定額で利用できるものを導入するとお得と言えます。逆に、繁閑がはっきりしている業務のRPA化については、時間制課金や従量制課金といった課金方法の方がコストを抑えられます。RPAにはそれぞれの特色や得意分野が分かれているのはもちろん、導入コストやランニングコストも異なるので、導入に当たっては実際に自動化する業務内容や稼動設定に合わせて選ぶことが大切です。

お得な時間制課金RPA導入方法

より効率よく業務を進める上でRPAの導入はその手助けとなります。とはいえ、いきなりすべての業務をRPA化するのは現実的ではありません。沢山の業務をRPA化すると導入にかかるコストも高額になってしまいます。RPA導入にあたっては、少ない業務に限定し、料金プランもそれに合ったものを選ぶといいでしょう。決まった期間に業務が増える経理や勤怠管理、繁閑がはっきりしている営業業務など、一定期間に重点的に稼動させる場合に時間制課金あるいは従量制課金といったものを選ぶとお得です。せっかくRPAを導入するのならば、より多くの費用対効果を得たいものです。そこで、本格導入の前にトライアルで効果を確認することもできるので、そのようなシステムを使って業務に合ったRPAを導入すうことをお勧めします。